新築するなら納得するまで話し合いましょう。

家を新築する際、注文するのは、私の親戚の付き合いがある平和台の新築住宅専門工務店にすると決めていました。
ところが、同居をする舅が昔、大工さんをしていた関係で、建てるのは私の親戚の工務所でかまわないと言ってくれたのですが、設計は昔からの知り合いの設計士さんにお願いする。というこになりました。
ところが、その設計士さんは、なかなか設計図をあげてきてはくれず、何度も催促をして、やっとできたと思ったら、私の希望はまったく反映されていないものでした。
結局、私の親戚の工務所で設計の手直しをしてくれて、納得のいく設計となることができました。

あくまでも設計をしたのは、舅の知り合いの設計士さんということにして、私の親戚の工務所で、かなりの部分を修正してもらい、自分の納得する設計に書き直してもらいました。
家を建てるのは、私の親戚の方だったので、気楽に自分の希望をきちんと説明することができましたし、融通もきいたので、直してもらってとても助かりました。
設計も、建てるのも舅にまかせていたら、とうてい納得できない家に住むことになっていたかもしれません。

長い間住むことになる自分の家ですので、設計に不満があれば、納得するまで直してもらうようにした方がいいです。