リフォームじゃなくてリノベーションを…

私の親から譲り受けた羽沢の実家を改築して現在夫婦二人で住んでいるのですが、しかし心残りがあるのです。それは大胆な改築をしなかったことです。つまり、リフォームの範囲内にとどめてしまったことですね。どうせならばリノベーションにまで手を広げて家を作っておけばよかったと、そこがものすごく後悔しています。

なぜって、やっぱり家全体に漂う古さがありますもん。いやそうは言いましても、壁紙から設備からリフォームで新しいものにしていますので、表面上は新しいことは新しいですよ。けれどもトータル的な印象がなんだか「古い」というか、「古臭い」といった感じの印象になるのは、それは間取りというか家の造りが旧世代的な住宅なのだからだと思います。

そういうわけで、大胆にリノベーションをしておけばよかったーと、今もものすごく思っていますね。夫婦二人で住んでいる家なのですから、部屋数なんていらないのですから、壁も取っ払って開放的な家にするべきだったーと思っているというわけです。結構大きく後悔しているかもしれません。