家の間取り決めは「とことん」こだわって!

私が家を購入する際は、家の間取りを決められた制約の中で自身で決めないといけなかったことで結構悩みました。
ある程度不動産業者の建築士さんが間取りの案を出してくれるのですが、なかなか決めることが出来ませんでした。妻とも意見が食い違うことも出てきて、何が正しいのか自分でもわからなくなってくることがあったのが一番困りました。

最終的には私と妻とで決めたのですが、何日もかけて悩みながらですが、お互いの間取りに関する譲れない部分を抽出し、優先順位をつけお互いが納得できるようにとことん話し合いました。
その間、間で不動産業者とも相談し、出来る事と出来ない事をはっきりして頂き、その後また妻と話し合い少しづつ間取りを決めていきました。
最終的には私よりもどちらかというと妻の方がこだわりが強かったので、ある程度は妻のセンスに任せて決めていきました。

近年家を購入する際、すでに建った家を購入するのではなく、先に土地を買い、そのあと建物というケースが多いと思います。その際はよほどのこだわりがあれば折れる必要はないと思います。
高い買い物ですし、後悔は絶対したくないので、とことんこだわりを持って間取りを決めれば、今後何年も先も、「あのとき真剣に悩んでよかった」と思える時がくると思いますよ!
「自分はこういうのは苦手」と思われる人はある程度プロのアドバイスを聞いた方が良いと思います。
とにかくこだわってください!あと、書籍などでいろいろなことを参考にすることも良いですよ!

PR|氷川台で注文住宅を建てる